第5回 足(脚)の健康セミナー

本日は倉敷生活習慣病センター所長 松岡 孝先生に生活習慣病と足の病変について話を聞きました。糖尿病と足の病変は日本でも大きな社会問題となることが予想されています。
重要なことは「予防」であることを分かりやすくお話しされました。ありがとうございました。

第4回 足(脚)の健康セミナー

今回は岡山大学心臓血管外科から足の潰瘍の「マゴット(ウジ虫)治療」で有名な三井秀也先生をお招きしてお話を聞きしました。
少人数でしたが和気あいあいとした雰囲気の中でいろいろな話をうかがうことができました。ありがとうございました。

次回は12月9日(日)に「糖尿病と足(脚)の病気」について糖尿病の権威 松岡 孝先生にお願いしています。
お気軽に参加してください。

第3回 足(脚)の健康セミナー

平成19年10月14日午後2時から当クリニックで第3回足(脚)の健康セミナーを開催しました。
今回は,足の症状では冷えなどとともに多くの方がお悩みの「しびれ」についてでした。岡山旭東病院神経内科 柏原健一先生の軽快で例を多くとりまぜた講義は非常にわかりやすく好評でした。

次回の予定
平成19年11月25日(日)
午後2時から
「動脈硬化と足(脚)の病気について」
お気軽にお問い合わせください。
諸國眞太郎クリニック
電話:086-224-1313

足(脚)の健康セミナー

念願のセミナーを開催しています。
5回シリーズで第1回は8月6日に「脚がだるくありませんか?―静脈と脚の病気について」と題して,特に下肢静脈瘤に関する話題を私が話しました。
第2回目は9月22日にオーストリア出身の整形外科靴マイスター,エドワルド・ヘルプスト氏が「足部に問題を抱えた患者のための靴を選択する判断基準とは何か?」と題して話題を提供してくれました。話を聞いたあと,実際にスキャナーでフットプリントを撮って一人一人アドバイスを受けることが出来好評でした。
ヘルプスト氏は,月に2回フットウェア外来を当クリニックで担当してもらっています。