AIBBC 2017

アフリカでの人材育成のプロジェクトです。
姉が事務局の手伝いをしている関係もあり,少し援助させていただきました。
ホームページの当院のロゴが乗っています。

興味のある方は こちら

電話システムの更新

外線が1回線のみでしたのでクリニックへの電話ではご迷惑をおかけしておりました。
今回の改修で初診の予約がスムースになると思います。
初めて受診される患者さんはメッセージに従って「1」を押してお待ちください。

予約電話番号
086-224-1313
月、火、水、金
午前8時30分~午後6時30分

久しぶりのブログ更新です。

振り返れば2010年8月以来の投稿です。

本年から原点に返り、医師一人体制で診断治療を行います。

ブログも再開していろいろな情報を提供します。

初診の予約状況:2月上旬から空いております。
治療日の状況:2月下旬から空いております。

予約電話: 086-224-1313
原則として月曜日、水曜日、金曜日の午前9時から午後5時まで。

22nd Annual Meeting, American Venous Forum (Feb 10-13, 2010, Amelia Island, Florida)

引き続きAVFの報告です。2010年度はフロリダのアメリアアイランドで開催されました。生憎,9.11を超えるフライトスケジュールの混乱をきたした北米を襲ったブリザードによって日本からの参加者に影響して会場にたどり着けない先生方もいました。私も前もってロスアンゼルスに家族といたのですが,突然フライトがキャンセルされましたと電話が入り一瞬途方にくれたのですが娘が交渉してくれてなんとか会場のRitz Carltonに途中で一緒になった小川先生と一緒に到着しました。

今回の発表は

980nm and 1470nm Lasers and Conventional Surgery for the Treatment of Primary Saphenous Varicose Veins of CEAP’s C2: A Comparison of Clinical Outcomes using CIVIQ2

相変わらず英語でのコミュニケーションで一苦労です。しかし,Dr. Kabnickから発表に同意をもらって安堵しました。

次の写真は,Miami Vein CenterのDr. Jose Ignacio Almeidaです。1470nm Diode Laserの先駆者の一人です。

3日目の午後にレンタカーでDaytonaに行ってきました。生憎大雨でしたが,雰囲気を味わうことが出来ました。

XVI World Meeting of the Union Internationale de Phlebologie (Aug31 – Sep4, 2009, Principality of Monaco)

ブログの更新を怠けてしまっていました。2009年AVF以後で主な出来事を振り返って記します。
まずは,モナコ公国で開催されましたUIP国際会議です。この学会は静脈学の国際学会としてもっとも権威があります。

Treatment of the Varicose Veins Using 1470nm Diode Laser –Short Term Results —
今回の発表のタイトルです。相変わらず下肢静脈瘤の血管内レーザー治療に関しての発表ですが,わが国ではもちろんのこと世界でもまだ新しい機器による治療結果の発表で,学会のトピックスでもあり多くの聴衆が来てくれました。

毛細血管拡張症いわゆるウェブ(クモの巣状静脈瘤)に対しては,液状硬化療法が多くおこなわれているのですが,このように1064nm NdYAGレーザーも良い結果が出るようです。諸國眞太郎クリニックでもStarLux社製の機器があります。もう少し有効利用をしたいと思いました。

次の写真は,下肢静脈の超音波診断の権威,Dr. Labropoulosによる穿通枝をチェックするときの圧迫する方法を伝授してくれているところです。

最後にヨーロッパだけでなく米国でも街中で弾力ストッキングや整形外科靴がウィンドウに並んでいるのを見ます。わが国でも徐々に足の健康に対する意識が向上してきていますが,働く女性が,仕事靴をバッグに潜ませて足によい靴を履いて通勤している姿を見ることはありません。

American Venous Forum 21st Annual Meeting (Phoenix, AZ)

ことしもAVFに参加することができました。ArizonaのPhoenixまでロサンジェルス経由で関空からの空旅です。

ことしもポスターでの発表でした。980nm半導体レーザーと日帰りストリッピング術前後のQOLの変化を報告しました。

学会の合間を利用してレンタルカーでSedomaまで行きました。この写真は有名なCathedral Rockです。この地域全体はRed Rockで有名ですべてが赤い岩の中にありました。

学会会場でお会いした先生方を紹介します。
まずは,Prof. Hugo Partschです。圧迫療法の第一人者です。

次は,Prof. R. L. Kistnerです。名前を知らない方はいないでしょう。

左からアジア代表のProf. Byung-Boong Lee,八巻 隆 先生,星野俊一 名誉教授(日本静脈学会前会長),Prof. J. A. Capriniです。

昨年の会長Prof. Mark H. Meissner,Prof. J. A. Caprini,Dr. Lowell S. Kabnickです。

Kistner ClinikのDr. Fedor Lurieです。昨年は,京都にもいらしてました。

最後にもう一度Dr. Lowell S. Kabnickです。昨年から見違えるほど引き締まった体型でびっくりしました。最終日の懇親会では奥様にもお会いできました。血管内レーザー治療の第一人者です。

来年は,フロリダで開催予定だそうで楽しみです。